奈良市で10万人が感動した整体・整骨院「ニシトミ施術所」

坐骨神経痛について

 

 

腰が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

腰に痛みがあり、脚にシビレや痛みが出てくる

といった症状でお悩みの方は

坐骨神経痛と診断されたことがあるのではないでしょうか?

 

 

当院に来られる患者様の中にも

病院で坐骨神経痛って言われました、

って方がたくさん来られます。

 

 

ここ最近では腰の椎間板ヘルニアなどと同じように

坐骨神経痛という単語は聞いたことがある、

って方も多いと思いますが、

どういった症状が出て、どこに原因があって・・・

などは良く分からないという方が多いと思いますので

当院の考え方や施術方法についてお伝えして聞きたいと思います。

 

坐骨神経痛って?

読んで字のごとく坐骨神経の痛みがあるのが坐骨神経痛‼

 

そのままやないかぃ、って声が聞こえてきそうですが、

分かりやすいネーミングですよね。

 

 

本当にそのままなんですが、

坐骨神経に圧迫や牽引力などが加わることで

坐骨神経に沿った痛みやシビレ症状が出てしまいます。

 

坐骨神経痛の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは理解しやすいんじゃないかな、と思いますが

ここからが本当に大事な問題‼

 

なんで坐骨神経痛になるの??についてです。

 

 

坐骨神経痛の原因

 

上記でも説明したように、坐骨神経痛は

坐骨神経が何らかの外力(圧迫や牽引力など)が加わることで

その神経に沿った痛みやシビレが出てしまいますが、

その状態になってしまう本当の原因とは??

 

 

について詳しく書いていきます!

 

 

このような症状で病院に行くと

レントゲンやMRIなどの画像を見ながら

この腰のヘルニアによって神経が圧迫され

坐骨神経痛が発症しています・・・

この腰骨の骨と骨の間が狭くなっている所で神経が圧迫されていて・・・

と説明されることがほとんどです。

 

それが本当の原因となっている場合もありますので

これは間違いだ‼という事は出来ませんが、

多くの場合、椎間板ヘルニアや骨と骨の間が狭いというのは

本当の原因ではないと考えています。

 

 

それには以下のような2つの理由があります。

 

 

理由①

1つ目の理由としては、

レントゲンやMRIで診れる範囲でしか診断しない、

という事が挙げられます。

 

 

レントゲンやMRIでは骨や軟骨などの状態がハッキリと明確に見えるので

教科書通りの正常な状態と、あなたの腰の状態を比較することが簡単に出来ます。

 

 

簡単にいうと間違い探しをしているようなものです。

 

 

正常じゃない部分を見つけると

”これが原因だーーー”と決め付けてしまいます。

 

 

ジョージワシントン大学の研究では、

過去にまったく腰痛を経験したことが無い人を

MRI検査において観察したところ、

60歳以下の痛みのない人の1/5にヘルニアが認められ、

半数の人に椎間板の膨隆(膨らみ)が見られた。

また、60歳以上では1/3に椎間板ヘルニアが存在し、

60%近くの人に椎間板の膨隆が見られる。

(2011年11月16日放送 NHK ためしてガッテンより抜粋)

 

 

というデータもあるように、痛みやシビレなどが無い方にも

椎間板ヘルニアが高い確率で存在していることを表しています。

 

 

レントゲンやMRIで椎間板ヘルニアなどがあっても

それ自体が原因とはならない

という事がお分かりいただけましたでしょうか?

 

 

少し長くなってきたので続きは次回‼

 

お楽しみに~

 

坐骨神経痛のページ

奈良市で整体・整骨院なら口コミランキング1位「ニシトミ施術所」 PAGETOP