奈良市で10万人が感動した整体・整骨院「ニシトミ施術所」

腰の痛みもあるけどお尻にも痛みがある。。。

お尻から脚にまで痛みが走る。。。

こんな症状でお悩みではありませんか?デスクワークの方が多いこの時代には上記のような坐骨神経痛でお悩みの方が多く日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。

そんなたくさんの方がお悩みの坐骨神経痛について解説していきます!!

 

この記事の目次

坐骨神経痛と腰痛はどう違う?

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を防ぐイスの座り方

坐骨神経痛を和らげる体操

まとめ

 

腰痛と坐骨神経痛はどう違う?

腰痛と坐骨神経痛ですが、どちらとも病気の名前ではなく症状の名前です。

梨状筋症候群

腰痛は腰やその周囲に痛みが生じるもので、坐骨神経痛は坐骨神経が何らかの要因により刺激されれる事により、神経に沿った症状が発症するものを指します。神経に沿った症状とは痛みはもちろんですがシビレや感覚が鈍くなるといった症状が発症します。坐骨神経痛の方は腰痛も併発していることが多く腰痛と坐骨神経痛を混同しておられる方が多いですが基本的には別物と考えてください。

 

坐骨神経痛の症状

 

また、腰痛では比較的狭い範囲での痛みを訴えることが多いですが、坐骨神経痛は坐骨神経に沿った痛みが出ますのでお尻から足先にかけてなどの広い範囲での痛みが発症することがあります。

 

坐骨神経

脚に痛みがあったとしても痛みが出ている部分が悪いから症状が出ているとは限りません。坐骨神経痛が原因であればお尻周りの治療をしないと治らない場合もありますので、出ている症状や部位によって何が原因で痛みが出ているのかを判断する必要があります。

たまに脚が痛くてその部分に湿布などを貼っている方がおられますが、痛みが出ているところに原因がなければその湿布は無意味になってしまいます。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは症状の名前で病名ではありませんが、痛みやシビレが発症するのは何かの原因があるからです。

お尻の痛みや足にかけての痛み・シビレがあり病院に受診すると、必ずレントゲンやMRIなどの画像診断をしますよね?それを見て診断されることが多いのが

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離すべり症

これらは全て腰椎という背骨に問題が起こることで発症すると言われています。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板の中身である髄核と呼ばれる組織が後方に飛び出し、その後方に走行する神経を圧迫することで症状が発症するもの。

腰椎ヘルニア

 

脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が加齢により狭くなることで神経を圧迫し症状が発症するもの。

脊柱管4

 

腰椎分離すべり症は、腰椎の一部が分離し前方に突出(すべる)することで後方に走行する神経を圧迫し症状が発症するもの。

 

腰椎分離すべり症

 

腰痛に加えて足の痛みやシビレなどが伴うとこの3つの中のどれかの診断をされることが多いですが、あなたもそんな診断をされた経験があるんじゃないでしょうか?

レントゲンやMRIで撮った画像と正常な画像を見比べながら、ここがこうなっていてこうなっているからあなたの症状の原因は〇〇です、って言われると信憑性が高いしそうだったのかぁって感じちゃいますよね。

でもこれはただの間違い探しをしているだけ。正常な状態と比べて異常だからと言ってその部分が原因とは限らないんです。

実際に腰痛がない方の腰をレントゲンやMRIなどの画像診断をしてみるとヘルニアが確認される場合も多くあり、また、脊柱管の狭窄は年齢とともに必ず伴うもので高齢になればなるほど狭窄が進んでいきますが、高齢の方全員が脊柱管狭窄症を発症している訳ではありません。

実際に画像診断で判断されたヘルニアなどで痛みやシビレが発症する場合もありますので、全てが違うということではありませんが、病院で診断されたからといって全てが正解ではないと考えています。

 

では何が原因なのか?

 

坐骨神経痛の原因の中で最も多いのが梨状筋症候群と呼ばれるものです。

梨状筋症候群

梨状筋症候群

お尻の部分に梨状筋という筋肉があり、その梨状筋の真下を坐骨神経が走行しています。この梨状筋に負荷が加わり通常よりも短縮してしまうと坐骨神経に圧迫力が加わり、坐骨神経痛症状が発症してしまいます。

これを梨状筋症候群と呼びます。

坐骨神経痛 部位

坐骨神経の圧迫箇所により痛みやシビレが出現する部位は変わりますが、上記の赤い部分に症状が出現することが多く見られます。

特にはふくらはぎの外側や足の指の小指側に痛みやシビレが出現することが多く、当院に来られる患者様の7割以上がこの部位に痛みやシビレが見られます。

 

坐骨神経痛を防ぐイスの座り方

悪い座り方

腰痛でお悩みの方にも多い座り方ですが、坐骨神経痛でお悩みの方の多くが下記の写真のような座り方になっていると思います。

あなたもこんな座り方になっていませんか?

どう見ても良い姿勢とは言えませんが、この時の姿勢を骨盤に着目して状態を見ると、本来の位置より後ろに傾く骨盤後傾という状態になっています。また、その骨盤後傾に伴い背骨が丸くなってしまう、いわゆる猫背になっているのが分かると思います。

 

骨盤後傾

 

この姿勢が続くと体の前半分は縮こまり、体の後ろ半分は伸ばされた状態になります。頭も前に突き出た状態になり前に倒れた状態になってしまいます。

このいわゆる猫背姿勢は見た目が悪いだけじゃなく、肩こりや腰痛など様々な症状の引き金になります。

特に股関節周囲に起こる影響として骨盤が後傾してしまうと股関節が外旋するということが挙げられますが、この股関節を外旋させる筋肉が臀部にある梨状筋です。この梨状筋が働くことで股関節が外旋しますが、過度に作用してしまうことにより梨状筋が異常に緊張してしまい、それが坐骨神経の圧迫力になり、坐骨神経痛の発症となります。

 

これを防ぐためには普段からの姿勢はもちろんですが、座り方も意識していく必要があります。

 

良い座り方

理想の座り方が下記の写真のような座り方です。

 

良い姿勢亜(座位)

先ほどの姿勢に比べると骨盤が立っているのがわかると思いますが、骨盤が立つことでその上に繋がっていく背骨も真っ直ぐになり姿勢が良くなって行きます。

背筋を伸ばして胸を張って顔をあげる・・・など姿勢をよくしようと思うと意識する場所が多くて訳が分からないという患者様もおられますが、色々意識しだすとキリがないのでまずは骨盤を立てるという事だけに意識をしてみてください。

実際にやってみてください!

骨盤を立てるだけで背筋がピーンと伸びる感覚がなかったですか?

また、この姿勢をずっと続けるのは最初はすごくしんどくてこの姿勢を取るだけで肩こりそうやわ。という声もあります(笑) 流石に最初からこの姿勢でい続けるのはしんどいので、例えば車の運転中の信号待ちの時に骨盤を立てる、自宅でテレビを見ている時CMに入ったら骨盤を立てるなど、日常生活中の少しの時間だけでも良いので意識して実践してみてください。それができるようになってくると最初は意識して行っていたものが無意識で出来るようになってきます。

 

 

坐骨神経痛を和らげる体操

坐骨神経痛の症状を改善させるためには、坐骨周囲だけではなく骨盤や股関節の動きを良くしていくことが重要です。その骨盤や股関節の動きが良くなる体操やストレッチをお伝えしていきます。

 

猫のポーズ

猫

 

ヨガの中に猫のポーズと言われるものがありますが、この体操をすることで骨盤周囲や脊柱にかけてのストレッチに繋がり動きも良くなりますのでぜひやって見ましょう!

 

ネコのポーズ

 

やり方は上記の写真の通りです。

背中を丸めるときも背中を反らすときも、可動域が増えれば増えるほど効果が期待できますのでできる範囲で大きく動かしてみましょう。もしこれを行うことで腰などに痛みが伴う場合は痛みが出ない範囲で行い、少しずつ可動域を伸ばしていけばいいので焦らず行ってください。

呼吸を止めて行ってしまうと効果が半減しますので、呼吸も意識してゆっくりと行いましょう!

 

 

お尻のストレッチ動画

 

 

まとめ

坐骨神経痛は珍しい症状ではなく多くの方が発症してしまう症状です。いま現在症状が出ている方はもちろんですが、今は症状が出ていないという方にも発症する可能性は十分ありますので、他人事と考えず普段からのセルフケアを行う事は欠かせません。

特にデスクワークで座ることが多い、車の運転を長時間するような仕事など、座り姿勢が多い方は要注意です。

奈良市にある西登美施術所では坐骨神経痛を改善させる方法、坐骨神経痛にならない自宅で出来るセルフケアをご提案しています。

 

奈良市で整体・整骨院なら口コミランキング1位「ニシトミ施術所」 PAGETOP