奈良市で10万人が感動した整体・整骨院「ニシトミ施術所」

坐骨神経痛

腰痛だけでなく足への痛みやシビレも訴える方が多くおられますが、あなたの近くにもそんな症状でお困りの方などおられませんか? もしくはこのブログを見てくれているあなたにもそんな症状があるかもしれませんね。

こんなことでお困りの方のほとんどが今回お伝えする坐骨神経痛と呼ばれる症状が発症してしまっている状態です。

坐骨神経痛という単語も良く耳にされると思いますが、その坐骨神経痛について詳しく解説して行きます!

 

この記事の目次

・坐骨神経痛とは

・坐骨神経とは

・坐骨神経痛の原因

・坐骨神経痛の本当の原因

・坐骨神経痛の症状

・坐骨神経痛 ふくらはぎに痛みが出る理由

・坐骨神経痛 湿布は効果ある?

・坐骨神経痛 けん引は効果ある?

・坐骨神経痛 ブロック注射について

・坐骨神経痛 鎮痛剤(痛み止め)について

・坐骨神経痛 電気療法について

・坐骨神経痛 動き始めは痛いけど、ある程度動くとマシになる

・坐骨神経痛 お風呂に入っていると痛み・シビレがマシ

・坐骨神経痛 日によって痛みが強くなったり弱くなったり

・坐骨神経痛 手術は必要?

・坐骨神経痛 当院での治療法

・坐骨神経痛 自宅でできるセルフケア①

・坐骨神経痛 自宅でできるセルフケア②

・まとめ

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛という名前はよく耳にされると思いますが、坐骨神経痛とは病気の名前ではなくあくまでも症状の一部です。

坐骨神経が何らかの原因により圧迫などの刺激を受けることにより坐骨神経に沿った痛みやシビレが発症してしまいます。

 

「坐骨神経痛」

 

坐骨神経とは

 

梨状筋症候群

坐骨神経痛と呼ばれる症状が出る原因の座骨神経とは、上記の図のようにお尻の部分から脚にかけて走行していく神経のことを指します。

 

体の中にある神経の中で最も太く最も長いと言われている神経ですが、腰椎から枝分かれした神経が束になって座骨神経を構成しています。

 

坐骨神経痛の原因

上記でも説明した通り坐骨神経痛はあくまでも症状であり、病名ではありません。何らかの原因により坐骨神経への刺激が加わることによって発症しますが、その原因として一般的に考えておられるものを以下に記載します。

 

①腰部椎間板ヘルニア

http://nishitomi-s.com/hernia

 

②腰部脊柱管狭窄症

http://nishitomi-s.com/sekichu

 

③腰椎分離症・すべり症

http://nishitomi-s.com/suberishou

 

④その他(カリエス・糖尿病などの内科的疾患etc…)

 

病院に行くとレントゲンを撮り、それでも分からなければMRIを撮って上記のような診断名をつけられることが非常に多く見られるパターンですが、当院に坐骨神経痛の症状を患って来られる患者様は上記に当てはまりません。

上記に挙げたものが本当の原因であるならば、

・朝起きたら痛いけど動き出すと痛みはマシになる

・ずっと座ってると痛むけどその後立ってしまうと痛みがマシになる

などのように症状に変化は見られないはずですが、ほとんどの患者様は痛みの程度に変化があります。

 

坐骨神経痛の本当の原因

このように痛む時や痛みが出ない時があるなどの症状の変化がある場合は他の原因が考えられますが、その中で一番多いのが

梨状筋症候群

梨状筋

 

お尻にある梨状筋という筋肉の真下に坐骨神経が走行していますが、梨状筋に負荷が加わり緊張してしまう事で坐骨神経を刺激し、梨状筋症候群が発症してしまいます。

 

詳しくは当院のお悩み別コース紹介の梨状筋症候群ページにも記載していますので、そちらのページをご覧ください。

http://nishitomi-s.com/rijoukin

 

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛

ふくらはぎへの神経痛

坐骨神経痛の症状としては

①坐骨神経に沿った痛み

②坐骨神経に沿ったシビレ

③お尻の痛み

④ふくらはぎの張り感

⑤神経の麻痺による感覚の鈍さ&感覚の無さ

 

などがあげられます。

 

 

坐骨神経痛 ふくらはぎに痛みが出る理由

 

梨状筋症候群

坐骨神経痛ではふくらはぎや足首にまで痛みやシビレが出てしまうことが多くありますが、その症状の原因となっているのはお尻の筋肉。お尻が原因なのに足に痛みやシビレが出てしまうのは神経が繋がっているからです。

座骨神経はお尻から太ももの後ろを通り、そのまま下に降りて最終的には足の先まで走行していきますので、お尻で神経の圧迫があったとしても神経に沿った痛みやシビレが出てしまうのです。

「ふくらはぎ痛いからふくらはぎの治療してください」

と言われる患者様もおられますが、この場合、ふくらはぎや足首に痛みがあったとしてもその部分は痛みやシビレが出ているだけで原因ではありませんので、その部分を治療しても症状の改善は期待できません。

 

 

坐骨神経痛 湿布は効果ある?

湿布病院や整形外科さんでイヤっていうぐらいもらう湿布。

皆さんも一度は使われた経験がおありだと思いますが、湿布を貼たから治ったって言う方はおられますか?

湿布の効能としては鎮痛・消炎。読んで字のごとく、痛みを鎮めて炎症を消す。そのままです。

湿布を貼ることで痛みが鎮まって炎症が消えてしまえばこんなに楽な事はないんですが、残念ながら湿布には痛みを根本から改善させる効果はありません。

痛みや炎症は原因があって出てくるものですので、原因が除去できなければ根本から改善する事は出来ないんです。

もし湿布を貼って治ったと言う方がおられたら、それはたまたま治る時期だったということだと思います。

また、湿布には筋肉の硬さを緩める効果はありませんので、硬い筋肉をほぐすために湿布を貼るのは意味がありません。

 

 

 

坐骨神経痛 けん引は効果ある?

腰のけん引療法病院に行くととりあえず湿布・痛み止め、ということが多いですが、それに次いで多いのが腰のけん引治療です。

このけん引療法は坐骨神経痛の改善に効果があるのか??

私としては正直なところ効果はないと思っています。どちらかと言うと他にすることがないからやってる…って感じですね。

また、イメージとしては背骨の骨と骨の間を伸ばす事を目的にけん引しているようですが、それだけで骨と骨の間が伸びることは残念ながらありません。

 

 

坐骨神経痛 ブロック注射について

ブロック注射

どんな痛みでも同じですが、痛いと感じるのは自分の脳が危険だと教えてくれているサインです。通常だと痛みがある場合は痛みが出ないように安静にして患部に負荷をかけずに生活できれば良いのですが、仕事や家事などでなかなか休めない方も多く、ブロック注射でなんとかやり過ごしているという方も少なくありません。

ブロック注射をするだけで症状が改善されれば良いのですが、残念ながらブロック注射には坐骨神経痛を改善させる効果はありません。痛みを感じる神経を麻痺させているだけです。痛みがマシになった・痛みがなくなったと感じても治っているわけではありませんので注意してください。

ただ、日常生活を送っていく中で痛みを感じていると苦痛ですし、少しでも楽になりたいと思われるのは皆さんも一緒だと思いますので、絶対にしてはいけないとは思いません。必要であればしてもらっても良いと思いますが、痛みが楽になったからといって動きすぎたりしてしまうと症状の悪化にも繋がりますので注意が必要です。

 

 

坐骨神経痛 鎮痛剤(痛み止め)について

痛み止め

坐骨神経痛の痛みを和らげるために、痛み止めを毎日服用していませんか?

 

体に痛みを感じるということは、体が”危険だ”と教えてくれているんですが、鎮痛剤にはそれを無視して体を動かせてしまうという危険性があります。体は動かして欲しくないのに無理に動いてしまうと、症状を悪化させたり長引かせたりする原因にもなってしまいます。

また、鎮痛剤はあくまで痛みを感じなくさせるもので、症状を治すものではありません。ただ抑えているだけです。

もちろん、症状が回復していくまでの間に痛みが伴うと日常生活を送るのもツライという時期もありますので、絶対に服用してはいけないものではありませんがl鎮痛剤を飲むだけで治る、と思っておられる方は注意が必要です。

 

 

坐骨神経痛 電気療法について

坐骨神経痛を改善させるために電気治療をする場合もありますが、筋肉の硬さを和らげたり血流をよくするといった効果もありますので良い治療法だと考えています。

しかし、痛みが出ているところだけに電気を当てるのはあまり意味がありません。あなたの坐骨神経痛の本当の原因になっている筋肉を見極め、その部位に対して電気治療をすることで効果が見られますので、的確な検査・見極めが必要となります。

 

 

坐骨神経痛 動き始めは痛いけど、ある程度動くとマシになる

坐骨神経痛でお悩みの方のほとんどが起き上がりや立ち上がるなどの動き始めが特に痛くて、それからしばらく動いていると痛みがマシになってくると仰います。

このようなことは座骨神経痛の原因が筋肉である証拠です。

筋肉は寝ている・座っているなどの同じ姿勢が続くと硬くなってしまう性質があり、筋肉が硬い状態で動き始めるために痛みが出現してしまいます。

しかし、ある程度動く事で筋肉がほぐれ血流も良くなるので痛みがマシになってきます。

 

上記のようなことから、動き始めに痛みが出るような症状は筋肉の状態をよい状態にしてあげる事で改善されますのでストレッチなどのセルフケアでも効果が期待できます!

 

 

坐骨神経痛 お風呂に入っていると痛み・シビレがマシ

入浴

こういった事は坐骨神経痛と診断された方だけでなく、ほとんどの方が仰る事ですが、お風呂に入ると症状が緩和されるのは、温まることにより血流が良くなり筋肉の状態も良くなるからです。

こういったことからも坐骨神経痛の本当の原因は筋肉であると言えます!

 

 

坐骨神経痛 日によって痛みが強くなったり弱くなったり

坐骨神経痛と診断された方でも、ずっと痛い・全く症状が変わらないという方はほとんどいません。

坐骨神経痛の原因が腰椎などの骨と骨の間が原因(ヘルニアや脊柱管狭窄症など)となって発症しているのであれば、一度飛び出したヘルニアはほとんどの場合勝手に引っ込むことはありませんし、狭くなった骨と骨の間が広がることはありませんので、症状が日によって変わるのであればそれらは原因ではないということが言えます。

それとは違い、筋肉の状態は使用頻度や使い方により日によって変化がありますので、日によって痛みが強くなったり弱くなったりなどの変化がある場合は、筋肉の硬さが原因であると言えます。

 

 

坐骨神経痛 手術は必要?

坐骨神経痛で病院などに通い、症状が強い場合やなかなか改善されない時には手術を勧められることもありますが、本当に必要なのでしょうか?

手術が必要か必要でないかはその坐骨神経痛の本当の原因が何なのかをはっきりさせる必要があります。本当にヘルニアなどの腰椎で坐骨神経痛が発症しているのであれば症状は改善される可能性はありますが、原因がそれではなかったら残念ながら手術をしても改善されません。

 

手術

 

 

坐骨神経痛 当院での治療法

坐骨神経痛で来られる方は、筋肉の影響で症状が出てしまっている方がほとんどです。

その筋肉に対して治療を行なっていきますが、一番大切なことはどの筋肉が原因で症状が出ているのかを見極めることです。同じような症状が出ているからといって全員が同じところに原因があるとは限りませんので、患者様お一人お一人に検査を行い判断していきます。

原因となっている筋肉がわかれば、その筋肉に対して施術を行いますが、それだけでは症状の根本改善は期待できません。

原因となっている筋肉が硬くなってしまう、若しくは動かしにくくなってしまう本当の原因が隠されています。その一番の原因は体のバランスが乱れているということです。

右利きや左利き、心臓は左寄りにあるなど、元々人間の体は左右均等ではありませんので、バランスを完璧に保つことは出来ませんが、ある一定以上の乱れが起きてしまうと体に痛みや不調が現れてしまいます。

また、日常生活を送っていく中での多少のバランスの乱れであれば、体はそれに反応しようと補正してくれますが、補正しようとすることにより通常では使わなくてよい筋肉に負荷がかかったり・・・ということが起こってしまいます。これが始まってしまうと補正に補正を繰り返し、正常なバランスで生活を送ることができなくなっていくという悪循環に陥っていきます。

このバランスを整えないまま硬い筋肉をほぐしても、バランスが乱れたままであれば改善は期待できませんので、根本から症状を改善させるのであればまずは体のバランスを整えるということが重要になってきます。

当院では体のバランスを整える操体法という治療法を取り入れ、症状の根本から改善していくことを目的に施術を行っております。

 

 

 

坐骨神経痛 自宅でできるセルフケア①

 

ふくらはぎマッサージ

足裏マッサージ

 

お体のバランスを整えるセルフケアとしては、まずは足をほぐすということが重要です。

当院では、お体のバランスは足から乱れていくと考えていますので、ふくらはぎ・足裏をマッサージしてあげることでお体のバランスを整えることができます。

自分でマッサージするのが難しいようであればアキレス腱伸ばしのようなストレッチをしていただくだけでも効果は期待できますので、出来る範囲で行っていきましょう!

 

 

坐骨神経痛 自宅でできるセルフケア②

坐骨神経痛を引き起こしてしまう筋肉の代表として、お尻の中の方にある梨状筋が挙げられます。

梨状筋ストレッチ

上記の図のような格好で正しくストレッチができれば梨状筋に作用し、筋肉の緊張緩和に結びつきます。しかし自分でする場合にはストレッチ法が果たして正しいのかがわかりませんよね?それを判断するには、お尻が伸びている感じがあり気持ちいいな〜という感覚があれば正解です。

15〜30秒を目安にストレッチを行ってください。

 

まとめ

病院で坐骨神経痛と診断されて治療をしてもらったけど良くならない・・・という方が当院に来られますが、坐骨神経痛はしっかりと原因を見極めて適切な施術を行えば必ず改善しますので、治らないと諦めずに当院でしっかりと治療していきましょう!!

 

 

奈良市で整体・整骨院なら口コミランキング1位「ニシトミ施術所」 PAGETOP