奈良 西登美ケ丘の鍼灸整骨院 腰痛・膝痛・鞭打ち・スポーツ障害でお悩みの方はご相談下さい

Call:0742-51-7844

sp_address

  • nav01
  • nav02
  • nav03
  • nav04
  • nav05
  • nav06
  • nav07

img01

もし交通事故に遭ってしまったら

不意の事故は誰しも慌ててしまうものです。

正しく迅速な対応が痛みや悩みの早期解決につながります。まずは落ち着いて行動しましょう。もしもの時の為に事故に遭った際の対応をご説明いたします。

  • ご来院までにやって頂くこと
  • ①事故発生
  • ②警察と加害者の保険会社へ連絡
  • ③診察を受け診断書の発行手続き入
  • ④警察署への届け出
  • ⑤加害者の保険会社へ再度連絡
  • ⑥当院へ電話及びご来院

①事故発生

①事故発生

まずは自分や相手の怪我の状況を確認しましょう。 必要があれば救急車を呼びます。

arrow

②警察と加害者の保険会社へ連絡

警察と加害者の保険会社へ連絡をして下さい。 被害者であるあなたが自動車保険等に加入している場合は、 ご自身の保険会社への連絡も必要です。

※警察への連絡を怠りますと、 事故そのものを証明できなくなってしまうケースがあります。

②警察と加害者の保険会社へ連絡

arrow

③診察を受け診断書の発行手続き

交通事故による怪我は、軽症に思えても 数日後に痛みなどの症状が出てくる事が多いものです。

「これぐらいなら大丈夫」と思わずに念のため 病院で診察や検査を受け診断書を発行してもらいましょう。

その際、診断書に自分が怪我をした部分のことが 正しく正確に記載されているか確認してください。

例えば、首と肩と手首を負傷しているにも係わらず、 首のことしか診断書に記載されていなかったりした場合、 後々患者様の治療をする際に不利に働いたり、 再度その病院に行っていただく必要が出る場合があります。

③診察を受け診断書の発行手続き

arrow

④警察署への届け出

事故発生場所の所轄警察署へ行き、
人身事故扱いにしてもらいます。

これをしないとその交通事故は物損のみの
事故扱いになってしまう場合があります。

物損事故では、その後の治療費などの
支払いが受けられない場合があります

④警察署への届け出

arrow

⑤加害者の保険会社へ再度連絡

加害者の加入している保険会社へ連絡し、
人身事故の担当者に当院に通院する旨をお伝え下さい。

その際に、当院の名前、住所、電話番号をお伝え下さい。

⑤加害者の保険会社へ再度連絡

arrow

⑥当院へ電話及びご来院

当院へお電話、もしくは直接ご来院いただき
治療開始となります。

⑥当院へ電話及びご来院

img_txt

  • 病院で検査をしてもらったが、骨などに
    異常がないということで痛み止めと湿布だけを処方された
  • 病院の検査では異常が見られないという事で、経過を見ましょうとだけ言われた
  • 電気や温める、引っ張るのみ施術でなかなか良くならない
  • 保険会社には、病院や整形外科でないと治療出来ないと言われ困っている

ご存じですか?

交通事故による痛みは整骨院で施術が出来ます!

img

患者様の声

img

  • お名前:吉田 靖様
    年齢:30歳代
    ご職業:会社員
  • 交通事故による首の痛み
  • 慢性的な痛みと諦めず当院の手当てを受けてみては いかがでしょうか?

img